読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒いあおむし君、タイムラプスで行動観察

あおむしってあんまり動かないのね。。。


あおむし 2016 05 27

仕事に行く前に、コンデジでインターバルタイマーを仕掛けて、タイムラプスに仕立ててみた。

ふむ。

そんなに動いてないけど、それでもなかなかたのしい。

インターバル撮影

カメラはOptio W60

今はもっと良いカメラがあると思うのだけど、防水だし、それなりの絵を撮ってくれるし、インターバル撮影ができたりと便利機能があってお気に入り。 Optio W60

このカメラ、タイムラプス動画を撮影する機能もあるのだけど、解像度を1024以上にできないのと、撮影時間が6時間より多くできないので、インターバル撮影で画像を集めて、PCで編集することに。

電池がなくなると悲しいので、撮影後のクイックビューをOffに変更して撮影。

でも、撮影ごとのピント合わせで必ず液晶がつくのね。。。。 ちょっと残念。

タイムラプス動画に編集

Ubuntuなので、Kdenliveを使うことに。

スクリーンショットを含めた作り方はこちらをそのまま参考にしました。

Create a Time-Lapse Video in Linux (or Mac) using Kdenlive - Tutorial Geek

ざっくりいうと、

  1. Kdenliveを起動
  2. クリップフィールドを右クリックして、「スライドショー・クリップの追加」をクリック
  3. イメージの選択方法で、フォルダを選択
  4. フレームの長さで、「00:00:00:01」と設定
  5. アニメーションなしで、OK
  6. 作成されたクリップを、タイムラインに追加。
  7. レンダリング

こんな感じ。