読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらさカエルのライトがつきにくくなっても直せるかも。

f:id:else-something:20160302224713j:plain

ぶらさカエルの電池の接触が悪くなってるだけでした。

ライトはスイッチ押したら付くけど、離すとすぐ消えちゃう。そんな症状なら、案外すぐ直せるかも。

ずっと機嫌よく、駅からの帰り道で後ろからの安全を見守ってくれてたカエル。

ここのところずっと調子が悪く、ライトのつきが悪いのでした。

ボタンを押すとつくのだけれど、離すと消えちゃう、そんな感じ。

電池切れを疑ったものの、ボタンを押せば本来の明るさでつくものだから、スイッチあたりの故障を覚悟してました。

が、解決は案外あっさりと。

解決策は、電池ホルダーの金具を少し押してあげることでした

f:id:else-something:20160302224813j:plain

このカエル、お腹を押すとお腹の皮を通じて、中のスイッチが押される仕組みなのですが、押され過ぎて、ボタン電池のホルダーの接触部分が甘くなってしまってたみたい。

上の写真の部分を内側に軽く曲げてやると、すんなりいい子になりました。

よかったよかった。

ぶらさカエル